看護師の転職に「転職サイト」って必要? ソロ転職活動で気を付けること3つ。

ガッツポーズしている看護師

転職するのに転職サイトって使うのと使わないのとどっちがいいの?

看護師 青い背景

1.自分のペースで転職活動したい人

2. コミュニケーション能力や交渉力に自信がある人

転職サイトってしつこいっていうし、自分で「ソロ転職活動」した方がいいんじゃない?

やっぱり転職サイトには抵抗があるから自分で「ソロ転職活動」をしたい。。。

きなりん

転職サイトを使わず「ソロ転職活動」をするときは気を付けておいた方がいいポイントがあります。

ここでは転職サイトは本当に必要なのか?

転職サイトを使わず「ソロ転職活動」するときに気を付けておいた方がいいポイントを3つご紹介します。

\今なら1か月間無料で試せます。さらにLINEの無料登録で3000円プレゼント/

目次

ソロ転職活動をした方がいい人

ソロ転職活動をした方がいい人はどんな人でしょうか?

きなりん

詳しく説明していきますね

1.自分のペースで転職活動したい人

誰にも意見されず自分でじっくり調べながら、

転職候補の病院の方たちと直接コミュニケーションを取って転職先を決めていきたい人は、

ソロ転職をした方がいいでしょう。

病院の方たちとお話しする中で、働きやすそうだなとか、こんな人たちのいる病院で働きたいなど、

自分で人柄を感じることで判断し、納得がいく転職をすることができるでしょう。

2.コミュニケーション能力や交渉力に自信がある人

コミュニケーション能力や、交渉力に自信がある人は、転職サイトを使うよりもいい条件で就職できる可能性があります。

自分で交渉したからこそ納得して転職先の環境を受け入れられるという良さがあるでしょう。

しかし、それも転職サイトに登録して自分だったらどれくらいの給料で雇ってもらえるかなどの情報を

先に把握しておかないと、実は相場より低い給料だったということがある可能性があります

転職サイトの登録は無料で、転職の意志さえあれば実際に転職をしなかったとしても無料で情報提供などのサービスが受けられます。

ソロ転職の人も、自分の希望する条件で交渉できなかった時は妥協せずに、別の手段を考えていく方がよいでしょう。

転職サイトを使わないでソロ転職するメリットデメリット

ソロ転職のメリット

看護師 青い背景

1.自分のペースで転職活動が進められる

2.自分で納得しながら転職活動が進められる

自分で転職先を探し、転職先の方たちと自分でコミュケーションを取りながら、自分でいろんなことを調べて感じて進むべき道を決めることができます。

自分のペースで一つ一つ納得しながら転職活動を進められます。

もし万が一転職先がこんなはずじゃなかったという場所だったとしても、自分で決めたことと納得して頑張れるかもしれません。

ソロ転職のデメリット

看護師 青い背景

1.自分で転職できる病院を調べて選ばなくてはいけない

2.自分で転職を希望する病院と面接のスケジュールや給料の交渉をしなくてはいけない

3.非公開求人にアクセスできない

4.前もって病院内の情報を入手するのが困難

5.自分一人で履歴書を書いたり面接の練習をしなくてはいけない

.転職サイト独自のサービスをお得に利用できない

きなりん

一つ一つ説明していきますね

1.自分で転職できる病院を調べて選ばなくてはいけない

例えば「看護のお仕事」という求人サイトで、東京都 正社員 正看護師の求人を調べると

1446件ありました!そこから夜勤だけ、日勤だけ、病院形態などである程度絞れたとしても、

この中から自分で調べて希望の職場を選ぶのは、なかなか時間もかかるし労力もいります。

2.自分で転職を希望する病院と面接のスケジュールや給料の交渉をしなくてはいけない

候補が選べたら転職先の面接や試験の可能な日時を調べ、

病院側とコンタクトを取り面接や試験の応募やアポをとらないといけません。

どんな給料形態か、自分の場合どのくらいの給料になるかなど、いろんな情報を聞いたり自分の希望を伝えたり。

面接のときになかなか聞きにくいことも自分で確認したり交渉しなくてはいけません

それが一件ならまだ頑張れるかもしれませんが、何件ともなると数が多い分だけ時間と労力がいります。

3.非公開求人にアクセスできない

ぴょん

非公開求人て?

非公開求人とは、一般には公開されていない求人です。

転職サイトに登録をすることで情報が見られるようになります。

一般的には非公開求人の方が公開求人より魅力的な条件になっている事の方が多いです。

4.前もって病院内の情報を入手するのが困難

その病院に勤務している人から情報がもらえる人はいいですが、外からでは分からないことも多いです。

病院内の情報収集は、ミスマッチを防ぐために必ずしておいた方がいいでしょう。

面接などの見学はできませんが、病院に自分で直接職場見学を申し込めば、

働いている様子を見ることや職場の説明などしてもらえます。

少し大変ですが、病院に直接職場見学を申し込んで情報収集する方法があります。

転職サイトの会社は、あらかじめ病院訪問し、面接や働いている様子を見学したり、

現場の看護師にインタビューしたりして、情報を集めてくれています。

集めた情報を教えてくれるので、情報収集する手間が省けます。

きなりん

自分で情報収集する方が大変だけど、わかることや感じることも多いかもしれませんね。
あまり時間や労力がないという人は転職サイトを使った方がいいかもしれません。

\医療関係者が立ち上げたサービスなので、独自のネットワークを生かした情報がもらえる転職サイトはこちら↓↓↓/

職場の環境も細かくお伝えします【メディカルワークス】

独自のネットワークってきっと口コミ級の情報ですよね。すごい!

5.自分一人で履歴書を書いたり面接の練習をしなくてはいけない

転職サイトの担当者は、履歴書の書き方を教えてくれたり、面接の練習とフィードバックをしてくれます。

履歴書を書くことや面接に特に不安のない人は特に必要ないとは思いますが、

履歴書を書くことや面接に不安のある人は、転職サイトを使い、担当者さんにアドバイスをもらいながら進めていくといいかもしれません。

きなりん

履歴書を書くことや面接なんて人生の中であまりあることじゃなし、うまくできるか緊張する。
誰かに手伝ってもらえたら心強い。

6.転職サイトの独自のサービスをお得に利用できない

例えば、ナースパワー人材センターという転職サイトには、

独自の勤務形態『応援ナース』という制度があります。

この制度は6ヶ月の期限付き雇用契約で都市圏の場合

なんと月収45万円が保証されるといった制度で毎年2000名以上の看護師が参加しているそうです。

月収45万円で一定期間東京に住みながらお仕事できるなんて若い時ならちょっと憧れます。

\「応援ナース」の制度があるナースパワー人材センター詳細はこちら↓↓↓/

【短期】月収45万円以上確実な看護師転職サイト

このような制度は転職サイトを使わなければ利用することができません。

きなりん

自分で転職活動する時のデメリットに、どう対処するかを考えて行動することが大切ですね。

ソロ転職活動で気を付けること3つ

看護師 青い背景

1.自分の適正と希望をきちんと自分で把握しておく

2.希望する病院の給料形態や働く環境、勤務の柔軟性、内部の情報を把握しておく。

3.自分が転職した場合の給料はどれくらいか相場を把握しておく

ソロ転職活動をするうえで、一番気を付けなくてはいけないことは、自分の適正や希望に合わない仕事や病院に相場より安い給料で就職してしまうことです。

1.自分の適正と希望をちゃんと自分で把握しておく

自分の好きなことや得意なこと、希望する勤務などを自分で理解しておくことはとても重要です。

そのうえで自分が日勤だけ夜勤だけなど、無理なく働ける勤務体制を決めていくことが大切です。

でも、実は自分はこんなことがやりたいと思ってたんだと話を聞いてもらってはじめてわかることがあったり、

こんな楽な働き方もあるんだ!という情報を知らなかったりということも多いんです。

転職サイトには、最初の面談で希望をしっかりヒヤリングくれるところもあります。

ヒヤリングの内容から「キャリアを目指したい」「子育てを優先したい」などやりたいことやあなたの適性、

希望する職場を提案してくれます。

もしも転職サイトを使うなら、

\最初に面談をして希望を聞いてくれる転職サイトはこちら!↓↓↓/

大手転職サイトとは「違う」寄り添い方【メディカルワークス】

面談は30分くらいで、リモートでも可能なので休憩中などの隙間時間にお話を聞いてくれます。

登録後の連絡は、LINE、メール、お電話などから選べますので、先に伝えておくと自分のタイミングで連絡を取れます。

きなりん

転職サイトを使っても使わなくても、まず自分と向き合うことが大切です。

2.希望する病院の給料形態や働く環境、福利厚生、勤務の柔軟性、内部の情報を把握しておく。

給料や勤務の形態や福利厚生は、病院のホームページからある程度把握できることがありますので調べておきましょう。

病院に電話して聞くのも良いでしょう。

勤務をどこまで融通してもらえるか、内部の情報などは、

病院に病院見学を申し出て実際に現場を見ながらいろいろ質問すると分かることが多いです。

3.自分が転職した場合の給料がどれくらいか相場を把握しておく

相場をわかっていないと、転職先の給料が低いかどうかの判断ができません。

今までの給料と同じくらいで納得できる場合は特に情報収集は必要ないですが、

給料アップを狙いたい場合は、自分の給料の相場の情報収集はしておいた方がいいでしょう。

まとめ

自分で転職するのは時間も労力もかかり大変ですが、自分で調べて見学に行って、現場の人と話をして決めることで、

自分で色々感じながら自分のペースですすめるので、納得いく結果になると思います。

一方、時間と労力をかけられない。自分の交渉力やリサーチ力に自信がない。

自分が何をやりたいのかわからない。面接や履歴書の書き方に自信がない。

という方は、転職の意志さえあれば無料で自分で転職について詳しい人に相談できるようになるので、

転職サイトを使うのをおすすめします。

\最初に面談をして希望を聞いてくれる転職サイトはこちら!↓↓↓/

大手転職サイトとは「違う」寄り添い方【メディカルワークス】

\「応援ナース」の制度があるナースパワー人材センターはこちら/

【短期】月収45万円以上確実な看護師転職サイト

↓いろんなブログが読めるブログ村ポチっとよろしくお願いします

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

看護ランキング

↑Twitterをフォロー

ガッツポーズしている看護師

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

看護師歴 2児の母 趣味は家族とお出かけすること。
看護師じゃないと発信できないような情報を発信していきたいと思っています。

目次
閉じる