私がブログ開始2か月半でドメインパワー8.2にするために やったこと4つ

きなりん 看護師

「ドメインパワーが上がらない」

「同じくらいにブログを始めた人はもうあんなにドメインパワーが高いのに」

「私の何が悪いんだろう」

「どうやったらドメインパワーが上がるんだろう」

実は私も同じようにドメインパワーが上がらないことにすごく悩んでいました!!

そのためドメインパワーを上げる方法について調べ、できることをやってみました。

そんな私が、ブログを始めて2か月半でドメインパワーが8.2になり、

何をすれば上がるのか教えてほしいと質問をいただくことがありました。

私みたいな者でもお伝えできることがあるのなら記事を書いてみようとこの記事を書いてみました。

確かに私もどうやったらドメインパワーが上がるかなんて調べるまで分からなかったから少しは役に立てるかも。

ここでは私のドメインパワーを上げるためにいいと思って頑張ったことをご紹介します。

目次

ドメインパワーとは

ドメインパワーは、Google検索で上位表示するために必要な、サイトの評価点数のようなものです。

ドメインパワーの計測・チェックを無料で – パワーランクチェックツール | アクセスSEO対策ツールズ (ispr.net)

こちらの↑「アクセスSEO対策ツールズ」というサイトのパワーランクチェックツールに

自分のドメインを入力して測定します。

これにブロガーは一喜一憂するのですが。。。

Googleは上位表示にする基準を大まかには明示していますが、しっかり定義しているわけではありません

注意すべきはドメインパワーのチェックツールサイトはGoogleが管理しているわけではなく、

Googleが大まかに明示している内容をもとに独自のアルゴリズムで評価しているものということです。

そのため、ドメインパワーが強い=Googleで上位表示されるというわけではありません。

したがって、ここではGoogleで上位表示される方法ではなく、

あくまで、始めてたった2カ月半の初心者の私が、

やみくもにやったドメインパワーを上げたと思われる方法をお伝えします。

ドメインパワーを上げるためにやったこと4つ

きなりん

私がやった、ドメインパワーを上げたと思われる方法を4つ書いていきます。

1.被リンクと内部リンクを増やす

被リンクとは、自分の記事が他のwebサイトにリンク付きで紹介されるリンクのことを言います。

被リンクがされているサイトは有益性が高いとGoogleから評価されます。

被リンクはドメインパワーを上げる有効な手段です。

きなりん

でも注意することもありますからよく最後まで読んでくださいね。

①.ランキングサイトなど、登録しただけで被リンクを獲得できるサイトに自分で登録する

被リンクを獲得できサイトとは例えばこんなところ

きなりん

私はこんなにたくさん登録しているわけではありませんが、これらはみんな被リンクになります。

②Twitter上の被リンク企画に自分から応募してみる

Twitterで「被リンク企画」と検索するとたくさん出てきます。

自分のカテゴリーに合った人の企画なら参加してもいいかもしれません。

なぜなら、カテゴリーが合わないサイト先からのリンクは不自然なサイトからの被リンクとして、

Googleから低評価が付く可能性があるからです。

参加する場合には自分のカテゴリーに合っているか、信頼できるサイト運営者かなどの判断が必要でしょう。

③自分で被リンク企画をしてみる

必ず自分のカテゴリーに合った記事で、普段から交流のある信頼できるサイト運営者を選ぶことをおすすめします

【注意点

被リンク企画は賛否ありますし、今後SEO的にどう評価されるかはわかりません。

もしもする場合には自己責任でお願いします。

現時点でいえることは、

被リンクはすればいいということではないということです。

例えばココナラで被リンク3000個300円?なんて広告がありますが、

被リンク先のサイトに何も書かれていなかったり、

悪質なアダルトサイトだったりした場合、Googleからの評価は下がります。

不自然な被リンクがあると、Googleから警告が来ます。

あくまでも良質なサイト、自分のサイトのカテゴリーに関連があるサイト

サイト運営者やそのサイトに信頼性があるサイトに被リンクしてもらうことが大切です。

さらにドメインパワーの強いサイトに被リンクしてもらうことが、ドメインパワーを上げると言われています

ちなみに私はいくつか被リンクしていただきましたが、サーチコンソールが認識しているのは4つだけです。

④内部リンクを増やす

内部リンクとは同じwebサイト内のページとページをつなぐリンクのことです。

内部リンクで関連性の高い記事を読んでサイト内を巡回してもらうことで、サイト内の滞在時間を長くし

より多くのページを読んでもらい、Googleに有益性の高いサイトであると認識してもらうためのものです。

内部リンクも「内部の被リンク」として、「被リンク」と同じような効果が期待できます

内部リンクを重要な記事に多く内部リンクすることで、Googleに重要な記事と認識させることができます。

ドメインパワーを上げるためだけではなく、SEO対策として関連性の高い記事同士を内部リンクでつないでおく、

上位にあげたい記事に内部リンクを多く貼るなどのことは普段からしておいた方がいいでしょう。

2.記事数を増やす

私は10記事目までドメインパワー0でした。

その後

  • 10記事で0.8
  • 12記事で1.5
  • 15記事で3.4
  • 17記事で8.2

と記事をアップする度にドメインパワーが上がっていきました。

被リンクしてもらったタイミングではなく、記事を書いたタイミングで上がっている印象でした。

(被リンクしてもらったのがわかったタイミングで測定しても上がらず、記事を書いた次の日か2日後くらいに上がるということが何度かありました)

3.質の高い記事を書く

質の高い記事を書くことがGoogleで評価されるということはご承知の通りですが、

質の高い記事とは…

Googleアナリティクスで見れる

記事をすぐ読むのを辞めてしまう直帰率が低い、他のサイトに行ってしまう離脱率が低い、

滞在時間が長いなどで、ユーザーの悩みに対して満足のいく有益な情報が書かれている質の良い記事かということを判断している

と言われています。

そのため私は書籍を読んで、自分の記事の質を上げるという努力をしました。

私の読んだ書籍はこちらです。

質の高い記事が書けたら、被リンクしてくれるサイトも増えると思います。

4.サイトスピードの改善

サイトスピードというものをご存じですか?

ユーザーがあなたのサイトを開くときにかかるスピードのことです。

サイトスピードが遅いということは、あなたの記事のボリュームが大きく、

開くのにユーザーに負担をかけているということです。

Googleは、ユーザーに負担をかけないサイトがユーザビリティーの高いサイトであると明示しています

サイトスピードは数値化できるので、パワーランク的にもGoogle的にも評価に含まれる項目

であると思われます。

サーチコンソール>エクスペリエンスから、ページスピードインデックスというツールでサイトスピードについて評価されています。

有料テーマは、SEO対策がプラグインを入れて設定しなくてもできている部分があります。

(全然入れなくても大丈夫ということではありません)

例えば、私の使っている有料テーマSWELLはサイトスピードを上げることに注力しています。

SWELLが気になっている方はこちらをご覧ください↓

【SWELLレビュー】SWELLにするか悩んでる初心者さん必見! 早く移行した方がいい理由4つ | きなりんブログ (kinarin.com)

私はドメインパワーを上げたい一心でサイトスピードを上げるプラグインを入れましたが、

SWELLにはそれ以上の機能がもともと内蔵されていると知り、結局外しました。

自分のサイトのサイトスピードの状況を把握し、改善対策をすることをおすすめします。

まとめ

以上が私がドメインパワーを上げるために頑張ったことです。

パワーランクチェックツールはGoogleの作った公式な指標ではありませんが、

Googleの大まかに明示している指標に基づいて作られていることは間違いありません。

また、Googleの目的はユーザーにとって快適で有益で質が高く悩みを解決してくれるコンテンツを上位表示して提供することであることは間違いありません。

Googleの目的を理解してパワーランクを上げるということは、今後のコンテンツの質を上げていくことにつながると思います。

これからも皆さんのお役に立てる記事を書いていこうと思いました。

↓いろんなブログが読めるブログ村ポチっとよろしくお願いします

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

看護ランキング

↑Twitterをフォロー

きなりん 看護師

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

看護師歴 2児の母 趣味は家族とお出かけすること。
看護師じゃないと発信できないような情報を発信していきたいと思っています。

目次
閉じる